不眠解消の方法と秘訣TOP > 不眠の解消法のコツとは? > 睡眠薬の販売について

睡眠薬の販売と通販

 

睡眠薬の販売は、薬局やドラッグストアーでは行なわれていません。
もちろん、インターネットで購入できるネット通販でも同様です。

現在、使用されているベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤には、かならず医師の処方が必要と、法律で決まっているからです。もし睡眠薬を服用したいのなら、心療内科や精神科、神経内科といったメンタルクリニックを受診しなければなりません。睡眠障害専門のクリニックがあれば、そこが一番いいと思います。

薬局での睡眠薬の販売

薬局でも睡眠薬が販売されていますが、こちらは正確にいうと睡眠改善薬といいます。つまり、本格的な睡眠薬ほどの強い効果はないけれど、過度の緊張をほぐして眠りを整える効果はあるということです。

薬局で販売されている睡眠薬は、ドリエルとかグッスミンという睡眠導入剤になります。そのほか漢方の薬も売られているようです。抗ヒスタミン剤だったり、抑制性神経伝達物質であるギャバ(GABA)を配合していたりします。これらは、それほど強い副作用はありませんが、用量・用法を守って使用することが大切です。

アルコールによる寝酒をするくらいなら、まずはドラッグストアーで販売されている睡眠薬を購入したほうがよいと思います。ナイトキャップや晩酌は、すぐ眠くなってくるので、睡眠の導入剤としてはいいかもしれませんが、睡眠の質がかなり悪くなります。眠りが浅くなり、夜中に目覚めることが多くなるのです。常用していると、深刻な不眠症の原因になるので注意しましょう。

海外での睡眠薬の販売

睡眠薬の販売は、もしかしたら海外経由でされているかもしれません。
もしそうだとしても、購入しないほうがいいと思います。海外製のものは、所在がハッキリしない限り危険です。眠れるとしても、動脈硬化や心筋梗塞を引き起こすような成分が入っていたら、元も子もありません。

睡眠薬の販売ではありませんが、一例としてダイエット食品のお茶に、妊婦には危険なセンナが入っていることがあります。あるいは心臓弁膜症を引き起こすフェンフルラミンが、健康茶から抽出されることもあります。コロイド銀による健康被害もあります。連絡先の不明な海外サイトからの睡眠薬の購入は、非常に危険であることを知っておく必要があります。

食材からも摂取できる

ただ海外製の睡眠薬の販売では、メラトニントリプトファンなどのこともあります。これは厳密にいうと睡眠薬ではなく、日本で言うと食品に分類されるものです。海外では「安眠サプリメント」ですね。このたぐいのサプリメントなら、自己責任で購入することもアリだと思います。ただ、食品から摂取できるので、あえて睡眠薬として購入する理由も見当たりません。

アメリカでは、約半数の人が何らかの睡眠の問題で悩んでいると言われています。そのためメラトニンのサプリメントは、必需品のようになっています。メラトニンは、もともと人間の体でトリプトファンを原料として作られます。また太陽の光を浴びることによって、産生量が増加します。しかし、そもそも原料であるトリプトファンが少ないと、体内で合成したくても出来なくなります。

そこで海外の睡眠薬の販売で、メラトニンやトリプトファン、成長ホルモンが人気なのです。しかし、これらは食材でも摂取することができます。メラトニンはケールの青汁に含まれています。ケールには、そのほかにビタミンやミネラル、食物繊維なども豊富なので、販売されている睡眠薬を購入するよりは、よっぽど健康的でしょう。

メラトニンの原料となるトリプトファンにしても、牛乳などの乳製品、大豆、肉、バナナに含まれているので、あえて睡眠薬を販売しているサイトを探す必要はないように思います。よくホットミルクを飲むと、不眠を解消できると言いますよね?それはメラトニンの原料であるトリプトファンを、効果的に吸収できるからです。

 

睡眠薬の販売と一言でいっても、このように快眠サプリメントや睡眠改善薬を含む場合があります。日本では、本物の睡眠薬(ベンゾジアゼピン系の薬剤)は薬局でも売られていませんし、通信販売もされていませんので、その点を知っておく必要があります。

なお睡眠薬が販売されていないからといって、医師をはしごして、たくさんの睡眠薬を自分の判断で飲む「ドクターショッピング」は危険なので、決してしてはいけません。

不眠の解消法として睡眠薬を求める気持ちも分かりますが、睡眠薬を使わないで眠れるようになる方法もあります。インターネット上には、不眠解消の方法をマニュアル化して販売している睡眠の専門家もいるので、下記のリンク先を参考にしてみてください。

不眠を解消するための秘訣はこちら↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら